Kickstarterからローンチした3Dプリンタが5億円弱を調達してフィニッシュ

KickstarterからローンチしたDIY 3Dプリンタキット「CR-6 SE」が5億円弱の資金を調達して終了

EnderシリーズCR-10シリーズなど、人気のDIY 3Dプリンタを数多くラインアップする中国の3Dプリンタメーカー Creality は、2020年5月6日、同社初となるクラウドファンディング3Dプリンタ「CR-6 SE」を Kickstarter からローンチ。ローンチから僅か半日で2000人を超える支援者から目標額(約1000万円)の744%に当たる資金調達した「CR-6 SE」は、その後数日で目標額の10倍超えとなる1億6千万円超を達成。同キャンペーンは、6月6日にフィニッシュし、最終的に10,401人の支援者から33,950,877香港ドル(約4億8千万円弱)を調達した。

Kickstarter史上に残る記録的な資金調達に成功した「CR-6 SE」は、300ドル台(アーリーバードモデル 319ドル)から入手可能な安価な3Dプリンタで、革新的なレベリングフリーテクノロジーやメンテナンス性に優れたモジュラーノズル、Trinamicドライバー付きのサイレントマザーボード、操作性に優れたカラフルなタッチスクリーンなど、ユーザーライクを追求。

CR-6 SE は、2020年8月から支援者に向け発送を開始する。

CR-6 SE スペック

  • 技術:FDM
  • レイヤー厚:0.1-0.4mm
  • XYポジション精度:0.01mm
  • 造形エリア:235×235×250mm
  • ノズル温度:最大260℃
  • ノズル径:0.4mm
  • ヒートベッド温度:最大110℃
  • フィーダーシステム:ボーデン
  • ベッドレベリング:自動
  • プリント速度:80-100mm/s
  • 接続:SDカード
  • 本体重量:9.2kg
  • 本体寸法:442×462×540mm
  • フレーム:アルミニウム
  • 価格:スーパーアーリーバード 299ドル~

関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る