adidas新デザイン3Dプリントスニーカー発表

adidasはY-3ブランドの新デザイン3Dプリントスニーカーを発表

ファッションの中心地パリで開催されたクチュールファッションウィークにおいて、adidasは最新の3Dプリントスニーカーを公開した。

山本耀司をクリエイティブ・ディレクターに迎えたファッションブランド「Y-3」は、2018年1月18日より商用リリースを開始したadidasの3Dプリントスニーカー「Futurecraft 4D」をベースとした、新しいコラボスニーカーを発表。


2018年春夏のY-3 Futurecraft 4D 3Dプリントスニーカー

Carbon 3Dプリント製のミッドソールを備えたY-3ブランドのFuturecraft 4Dスニーカーは、2017年6月に「Y-3 Spring/Summer 2018」コレクションの一環として発表されたモデルの色違いに当たり、黒をベースとしたプライムニットアッパーにライトグリーンの3Dプリントミッドソールを含めたデザインが採用されている。

先にNYで先行販売されたFuturecraft 4Dは、ネットオークションで数倍の高値で取引されており、世界中のスニーカーファンからも注目されている。Y-3ブランドのFuturecraft 4Dスニーカーの予定価格は400ドル前後で、オークション上で取引される価格を考えれば、決して高い買い物ではないかもしれない。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る