ストラタシス設立のベンチャーがAS9100D認証を取得

ストラタシス設立のベンチャー企業「Additive Flight Solutions」がAS9100D認証を取得

3Dプリンタメーカー Stratasys とシンガポールの航空機専門会社 SIA Engineering Company(以下 SIAEC)の合弁会社であるアディティブフライトソリューション(Additive Flight Solutions 以下 AFS)が、AS9100D認証を取得し、航空宇宙産業のグローバルサプライチェーン内の品質管理を統括する国際航空宇宙品質グループ(IAQG)に登録されたことを発表した。

2018年に設立されたAFSは、StratasysのAdditive Manufacturing(付加製造 以下 AM)に関する幅広い知識と、SIAECのメンテナンス、修理、オーバーホール(MRO)サービスに関する取り組みを組み合わせたもので、同社は、商業航空、軍事航空スペースだけでなく、他の産業分野における部品生産のための3Dプリント技術の採用を加速させるため設立された。現在AFSでは、航空機内の内装部品、特に交換部品の生産に焦点を当てており、それらは国内および世界のメーカーに供給されており、最近では地元航空会社の手指消毒器ホルダーの開発と製造をサポートしている。

同社が新たに取得したAS9100D認証は、航空、宇宙、防衛市場向けの標準化された品質管理・保証システムで、この認証を取得することで、AFSのような製造サプライヤーは、関連する規制や法的要求事項を満たしながら顧客のニーズを満たすことが可能となる。

AFSのDGMであるStefan Roeding氏は「個々の部品の軽量化から、より快適なレイアウトやデザインに至るまで、航空機の内装の未来はAM技術を用いた革新的な方法により飛躍的な進化を遂げることが期待されています。AS9100Dの取得は、航空宇宙アプリケーションの開発を推進し、信頼性の高い正確なソリューションを提供するという当社のコミットメントを証明するものです。世界的に認められたこの卓越したマークを取得できたことは、私たちに大きな誇りを与えてくれます。同社の目標は、機敏で費用対効果の高いスペアパーツ生産を実現し、コストの掛かる物理的なスペースや在庫リスクを軽減し、軽量で最適化された航空機部品のAM生産の可能性を実証することで、航空機のMROにおけるAM技術の利用を促進することです。」と述べている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る