オランダ王妃が参加した3Dプリント橋「MX3D Bridge」開通式

MX3Dはオランダ王妃の協力を得てアムステルダム初の3Dプリント鉄橋をオープン

様々な建設関連3Dプリントプロジェクトを手掛けるオランダのスタートアップ MX3D は、オランダ・アムステルダムの中心部にある最古の運河の1つ、Oudezijds Achterburgwal(アウデザイツ・アフテルバーフワル)に設置を開始した3Dプリント製の橋「MX3D Bridge」を完成させ、オランダの王妃マクシマ・ソレギエタ・セルティの協力を経て開通式を執り行った。
MX3D関連記事はこちら

「MX3D Bridge」は、MX3Dの特徴であるワイヤーアーク積層造形(WAAM)技術と、ロボットアームを使った有向性エネルギー堆積法(DED)を用いて、2015年から製作を開始。3Dプリントされたこの金属橋の製作には、4台の産業用ロボットと6,000kgを超えるステンレススチールが使用されており、最終的に長さ12.2mの構造物として完成。今後、歩行者や自転車のために利用される。

3Dプリントされた橋「MX3D Bridge」には各種センサーが搭載されており、このセンサーネットワークから取得されるリアルタイムデータは、アムステルダム市が主導する研究プロジェクトに使用され、建築環境におけるIoTシステムの役割を探ることになる。また、ひずみ、回転、荷重、変位、振動、空気の質、温度などの構造的および環境的な測定値は、エンジニアが橋の健康状態と寿命による変化を監視するために使用される予定である。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る