世界初の3Dプリントフードレストラン

ポータブル3Dプリンタを利用した世界初の3Dプリントフードレストランが世界ツアーを開始

3D-printed-restaurant-byFlow-1

出張レストランを展開する「Food Ink」は、様々な素材に対応するポータブル3Dプリンタ「3D by Flow」を使った、世界初のポップアップ(出張方式)の3Dプリントフードレストランをオープンさせた!

3D-printed-restaurant-byFlow-3

今回の企画で利用されたフードプリンタは、オランダのスタートアップ企業が開発したポータブル3Dプリンタ「by Flow」
こちらの機種については過去の記事でもご紹介した通り。

取り外し式のエクストルーダー(シリンジポンプ)を交換することで、PLA、ABS、PET、laybrick、木材、ナイロン、ブロンズ、シルバー、glassclay、セラミック、シリコン、食用材料やバイオ再生プラスチックなど、様々な素材を3Dプリントすることができる折り畳み&携行可能なポータブル3Dプリンタです。

3D-printed-restaurant-byFlow-7

本機を食用プリンタとして利用する場合は、他社のフード3Dプリンタと同様。使用する食材料類をすべてペースト状に加工し、ヘッドとして取り付けられたシリンジポンプからペースト食材を押し出す方法で成形される。

3D-printed-restaurant-byFlow-5

ワールドツアー最初のステージとして開催されたオランダ・フェンロでの3Dプリント・ポップアップ・レストランでは、特別に招待されたゲストに対し5種類の3Dプリントフードが振る舞われた。

3D-printed-restaurant-byFlow-4

3D-printed-restaurant-byFlow-6

このポップアップ・レストランは、ポータブル3Dプリンタ「3D by Flow」と共にワールドツアーが計画されており、7月25日からロンドン・オールドトルーマンブルワリーで開催される第2回目のイベントでは、9種類の3Dプリントフードメニューが提供される予定。

また、同ツアーは今後ベルリン、ドバイ、ソウル、ローマ、ラスベガス、東京、シドニー、レイキャビクなどでも開催される予定となっている。
東京で実施される際には、是非参加してみたいですね!

 

3D by Flowは、ローンチしたKickstarterでは残念ながら目標額に達することなく終了してしまいましたが、同社はその後も開発を続けており、現在は€2,475(税・配送料別)で販売を行っている。


フードプリンタ関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る