オープンソース農業用CNC「FarmBot」予約販売開始

小規模農業の研究素材として最適化されたオープンソースのハードウェアプラットフォーム『FarmBot

カリフォルニア州に本拠を置くスタートアップ「FarmBot」は、世界初のオープンソース農業用CNCキット『FarmBot Genesis』の予約注文を7月1日(現地時間)よりスタートした。

FarmBot-Genesis-4

同社が7月からキットとして予約注文を開始する「FarmBot Genesis」シリーズは、2,900ドル(送料350ドル~)の組立式キットで、アルミフレーム筐体に、3DプリントやCNC技術で加工された部品を備えた完全オープンソースの農業研究に最適化された自動農業用システムとして機能する。
※ FarmBot Genesisは7月末まで25%のディスカウント価格で販売中 https://farmbot.io/pre-order/

FarmBot-Genesis-8

FarmBot-Genesis-7

FarmBot栽培システムは、スマートフォンやタブレット端末、パソコンからの遠隔操作が可能で、グラフィカルなインターフェイス上からドラッグ&ドロップするだけで、種まき、散水、雑草駆除等、ゲーム感覚で簡単に植物の成長計画(設計・管理)を実行することができる。

FarmBot-Genesis-2

FarmBotは、システム全体が完全なオープンソースなプロジェクトとなっており、必要な情報をGitHubから入手することが可能で、ユーザーの用途に応じて自由にカスタマイズすることができる。これにより、栽培面積の拡縮はもちろん、様々なセンサーを使った土壌管理(水分含有量測定等)やローカル気象ステーションによるリアルタイム気象データの取得、ソーラーパネルを使った電源システムなどへの改良も可能となる。

また、FarmBot Genesisには日本語に翻訳されたドキュメント(https://farmbot-genesis.readme.io/docs/intro)も公開されているため、多少の知識があれば、誰でも比較的簡単に組上げることができる。

FarmBot Genesis基本仕様

  • マシンサイズ:長さ1.5~3M × 幅0.5~1.5M
  • 機械高さ:0.5~1.5メートル
  • 最大栽培面積:2.9 × 1.4メートル
  • 最大植物高さ:0.5メートル
  • ツールベイスロット:5
  • FarmBotツール:シードインジェクターと散水ノズル
  • 種子ビン:3
  • アッセンブルツール:3mm六角レンチ、2mm六角レンチ、8mmレンチ、10mmレンチ
  • 全てのコンポーネントは防雨&耐腐性素材で作られている

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る