世界初パンケーキ用プリンタPancakeBotがスタートアップ

パンケーキ材料を使ってお好みの絵が描ける世界初のパンケーキ専用プリンタ「PancakeBot」がKickstarterでスタートアップ

pancakebot-kickstarter-1
開発段階から度々お伝えしてきた「PancakeBot」ですが、いよいよKickstarterでスタートアップされました。3月9日(残り32日)の段階で既に目標額の50,000ドルを達成しており、スーパーアーリーバードの149ドルは完売しており、現在は169ドルからの購入となっています。想定小売価格を299ドルとしているため、Kickstarter向けには50%OFFのキャンペーン価格が適用されています。
発送開始予定は2015年7月(国外への発送には関税・送料等が別途発生します)。

PancakeBotの主な仕様

  • プリセットされたパンケーキデザイン
  • カスタム設計のためのSDカードスロット
  • 簡単お手入れ
  • シンプルなユーザインターフェース
  • 一時停止/再開可能
  • ソフトウェア:Mac、Windows互換
  • ビデオチュートリアルやプリント用ダウンロードファイルへのアクセス権
  • プリント可能サイズ:430mm×210mm

PancakeBotの使用方法

テンプレートとなる手書きスケッチなどを用意(ダイレクトにソフトから描くことも可能)。

pancakebot-kickstarter-2

描いたスケッチを専用ソフトウェアに読み込み、トレース。一旦トレースしたスケッチはSDカードに保存し、再プリントが可能。

pancakebot-kickstarter-3
pancakebot-kickstarter-5

描いた絵に添ってプリントが開始される。最新の事例紹介映像をページ下部に添付しておいたので、興味ある方はご覧になってみてください。

pancakebot-kickstarter-4

このPancakeBotは、1人のお父さんが自身の娘さん達に「この技術の利用を通じて、エンジニアリング、アート、プログラミングや食品製造に興味を示してもらいたい」という思いから発想した「食育ツール」として開発をスタートしたモノです。立体造形用3Dプリンタによる造形を理解するには、それなりの予備知識や創造性が必要ですが、PancakeBotであれば、小さなお子さんでも十分に楽しめるツールであるのは間違いありません。間違いなく子供ウケする機器ですねw

PancakeBotで描かれるStarWarsキャラクター達


関連記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る