卓上手動射出成形機「INARI」発売開始

本格的な射出成形が自宅で楽しめるデスクトップ型手動射出成形機「INARI」

オリジナルマインドは、本格的な射出成形が手軽に楽しめる、デスクトップ型手動射出成形機「INARI(税込:198,000円)」を2017年11月21日より発売した。

INARIは、溶けたプラスチックを型に押し込むことで、型に沿った形状にプラスチックを成形する卓上型の手動式射出成形機で、質の高い部品を安定して成形できるよう様々な工夫が施されている。


加工サンプル

INARIの特長

  • メンテナンス性と機能性を兼ね備えた新技術
  • 型への負担を軽減した射出構造
  • スムーズなペレット供給を実現する横向き設計

INARIは、扱いやすさを第一に考え射出構造そのものから考え直し、従来の溶けたペレットにプレスシャフト(押し出し棒)を直接接触させて押し出す構造ではなく、溶けていないペレットを介して溶けたペレットを押し出す構造にすることで、プレスシャフトへの材料の絡みつきが発生しない。この構造は、シリンダー内の溶けたペレットと、変色の原因となる空気中の酸素を、溶けていないペレットが隔離するため、材料の変色を防ぐ効果もある。
構造面から見直すことで、高いメンテナンス性と機能性を兼ね備えた。

型への負担を軽減した射出構造

一般的な手動射出成形機の場合、成形時にシリンダーを型に押し付けながら材料を注入するため、型の変形・破損がおこる可能性がある。プレスシャフトを押す力がシリンダーを介して型へ直接伝わることが原因だ。

INARIは構造的に、型を「押し付ける力」と「材料を押す力」を分離し、さらに型とシリンダー先端との接触面を大きくすることで、型への負担をより軽減している。

スムーズなペレット供給を実現する横向き設計

本体を横向きにすることで、ペレット供給をするときにプレスシャフトや、その周辺のフレームが邪魔にならないよう設計している。シリンダーやプレスシャフトの位置をズラさないため、ペレットを供給した後にそれらの位置調整をする必要もない。さらに、供給口が高温にならないため、供給時にペレットが溶けて付着することもない。

  • 成形実績のある素材:PS・PP・ABS・POM・PA6・PE・TPE
  • 最大押出量: 6~10cc(材料や加熱温度により変化)
    例)PP220°Cで最大8cc、PS220°Cで最大9cc
  • 加熱温度上限:270°C
  • 加圧能力:入力に対して理論上10~17 倍
  • 重量:6kg
  • 電源:AC100V50/60Hz
  • 消費電力:200W
  • 公式サイト:http://www.originalmind.co.jp/products/inari

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る