Savoreat社、植物由来の3Dプリント豚肉製品を発売

Savoreat、3Dプリントされた植物由来のコーシャポークパティやターキーバーガーを発売

3Dプリント植物性代替肉メーカーであるイスラエルのフードテック・スタートアップ SavorEat は、同社のビーガンビーフバーガーへの追加ラインアップとして、コーシャー、ビーガン、グルテンフリー、アレルゲンフリーのポークパテとビーガンターキーバーガーなどの新製品を発表。これらは、既にイスラエルのレストランチェーンで販売されている商品を米国市場向けに展開したものとなる。

SavorEat の商品は、3Dプリンティング技術とカートリッジに入った植物由来の食材、そして食材を束ねる独自の植物由来のセルロース繊維を組み合わせ、肉のような食感を実現した食品で、使用されているセルロース繊維は、エルサレム・ヘブライ大学の Yissum Research Development Company の研究者である Oded Shoseyov 教授と、Ido Braslevsky 教授によって開発された。後に彼らは、起業家である Racheli Vizman(SavorEat CEO)と共同で、2018年に SavorEat を設立している。

また同社は、仕様書通りにパティを作る独自の3Dフードプリンタ「ロボットシェフ」を開発。大型家電並みの大きさであるこの装置は、タンパク質、脂肪、セルロース、水、香料や着色料の量を調整しながら、パーソナライズされた代替肉を煮たり焼いたりできるカスタムメイドのハンバーガーを調理する能力を有している。
関連記事:米国の大学でフード3Dプリンタの試験運用を開始

SavorEat のパティは、エンドウ豆、ココナッツ、ヒマワリの油脂などの植物性タンパク質で構成されているが、植物から作られたタンパク質は、二酸化炭素(GHG)の排出量が著しく少ない。同社は2022年に報告された資料を引用し「2035年までに植物性タンパク質製品が食品消費全体の11%を占めるまでに成長すれば、航空産業の95%を脱炭素化するのと同じ量の二酸化炭素を削減できる」と述べている。

3D Food Printing(3Dフードプリンティング)」に特化した各種サービス

id.arts(アイディーアーツ株式会社)では、これまでに3Dフードプリンターの販売や関連サービスのコンサルティングを数多く手掛けており、その経験を活かした3Dフードプリンティングに特化した各種サービスをご用意しています。
詳しくはこちら:https://idarts.co.jp/3dp/3d-food-printing/


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る