Nexa3D、BRULEと提携し日本3Dプリンタ市場に参入

Nexa3DはBRULEと提携し日本市場に参入、3Dプリンタの国際的な販業店ネットワークを拡大

超高速SLA(光造形)3Dプリンタメーカー Nexa3D は、国内有数の3Dプリンタソリューションプロバイダー BRULE と提携し、同社の超高速3Dプリンタ「NXE400」の販売を開始する。

NXE400」は、独自の潤滑剤サブレイヤー光硬化(LSPc)技術とと特許取得済みの構造化光マトリックスを使用し、Z軸毎分1cmの速度で最大16リットルの部品体積を造形することが可能な産業用SLA(光造形)3Dプリンタで、ファクトリーオートメーションとの完全な互換性に加え、オプションの洗浄ユニットと硬化ユニットを組み合わせることで、機能的なプロトタイプ作成と最終生産部品の造形時間を劇的に短縮することができる。

ウォッシュ&キュア装置

 

LSPc技術

独自のLSPc技術の基本は、紫外線(UV)列とLSPc光層の組み合わせによって形成される均一な光源で、均一な光源はLSPc HCマスクを通して投影される。このLSPc HCマスクは、プリントジョブの光重合反応が層ごとに適切な領域に光を投影、調整する 役割を果たし、最後の部分に特許取得済みのLSPc膜が含まれる。これは、硬化した部分とレジン液の間に非粘着ゾーンを作成し、樹脂が造形範囲全体にすばやく広がり、各層間の補充を促す技術である。

 

NXE400 スペック

  • 本体サイズ:711 x 711 x 1676mm
  • プリント技術:Continuous LSPc
  • 造形サイズ:160 x 270 x 380 mm
  • レイヤー厚:25, 50, 100, 200 micron
  • インターフェース:タッチパネル
  • 接続:USB接続、Ethernet
  • 対応ファイル形式:STL
  • 電源:110V /(60 Hz), 220V(50Hz), Max. 1400W
  • 販売店:BRULE Inc

 

提携に伴う各社コメント

今回の提携に伴いBRULE CEO、Douglas Krone氏は次のように述べている「Nexa3Dプリンタは、速度、精度、自動化を提供し、お客様のいかなるプリンティング需要にも対応する明確なアドバンテージを保持するプリンタです。Nexa3Dプリンタは、当社の広範な一流ブランドのラインアップ中で重要な商品であり、高品質で次世代速度の3Dプリンティングをお客様に提供します。」

Nexa3Dの会長兼CEO Avi Reichental氏は次のように述べている「日本は、世界で最も経験豊富で目の肥えた3Dプリンティング市場の1つです。ステレオリソグラフィー型(光造形)3Dプリンタのインストールベースを多く持ち、機器のアップグレードに向けて準備が整っている市場です。BRULEの豊富な3Dプリンタの経験、包括的なローカルプレゼンス、そして高いお客様評価とともに日本市場に参入することは、現在の3D造形速度をダイヤルアップインターネットからブロードバンドのような生産性に変換するために役立つことでしょう。」


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る