MakerBotとUltimakerが合併

MakerBotとUltimakerが合併し新会社を設立

3Dプリンタ大手 Stratasys(以下 ストラタシス)傘下のデスクトップ3Dプリンタメーカー MakerBot は、欧州市場で大きなシェアを有するデスクトップ3Dプリンタメーカー Ultimaker と事業統合契約を締結。
Ultimaker の支援者である NPM Capital(以下 NPMキャピタル)が54.4%、ストラタシスが45.6%を保有する非公開の新会社を設立し、デスクトップ市場をリードする総合的なデスクトップ3Dプリント事業を展開する。

新会社の社名は未だ決まっていないが、当局の承認を経て第2四半期か第3四半期に完了する予定となっており、オランダと米国ニューヨークに本社を置くことが計画されている。
この新会社は、既存の投資家であるNPMキャピタルとストラタシスの支援を受け、技術革新と新市場への拡大を促進するため合計6240万ドルの投資を予定しており、代表には、MakerBot CEOのNadav Goshen氏と、Ultimaker CEOのJürgen von Hollen氏が共同CEOを務め、Nadav氏が運営と研究開発、Jürgen氏が商業機能を管理する予定となっている。

デスクトップ3Dプリンタ市場をけん引してきた両社は、この新会社の設立により、ハードウェア、ソフトウェア、材料の包括的な3Dプリントソリューションを提供し、デスクトップ3Dプリンティングのリーディングカンパニーとなることを目指している。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る