ガラスのような透明感を表現できる3Dプリンタ用アインク

ガラスやアクリルのような透明感を表現できる3Dプリンタ用クリアインク「MH-110PCL」

産業⽤インクジェットプリンタ、カッティングプロッタ、3Dプリンタを手掛けるミマキエンジニアリングは、UV硬化インクジェット方式フルカラー3Dプリンタ「3DUJ-553」で利用できるピュアクリアインク「MH-110PCL」の販売を開始した。

同社が新たに開発したピュアクリアインク「MH-110PCL」は、従来のクリアインク「MH-100CL」で要望されていたクリア造形物の黄色味を低減し、透き通ったクリア造形を実現。これにより、デザイナーや設計者が意図したクリア表現が可能になり、家電や化粧品のプロダクトデザインをはじめ、工業製品のデザインモックアップや設計検証などで活用が期待される。また、内部構造を確認するために可視化が求められる医療模型や建築模型のほか、3DCGデザイン分野ではアート作品等の表現にも適している。

「MH-110PCL」は、従来のクリアインク「MH-100CL」と同様に、クリアのみの表現だけでなく、カラーインク(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)を組み合わせて、スケルトンカラー(色つきの透明)表現も可能で、「3DUJ-553」の特長である1,000万色以上のフルカラー造形に透き通ったピュアクリアインク「MH-110PCL」のクリア表現とスケルトンカラー表現が加わることで、これまで以上に多彩な色合いやビジュアルを重視したデザインに活用できる。

ピュアクリアインク「MH-110PCL」は2022年5月から販売を開始し、容量4.8 Lインクボトルの価格は176,000円(税別)


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る