ケンウッド最終製品に3Dプリンティングの活用を開始

JVCケンウッドはSOLIZE及びHP協力のもと最終製品の量産に3Dプリンティングを活用

日本HP(以下 HP)は、SOLIZE Products(以下 SOLIZE)と協力し、JVCケンウッド(以下 ケンウッド)で開発中の医療用カメラの部品に「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」で造形した3Dプリント製部品の採用を決定したことを発表。3Dプリンティングを活用したものづくりを支援する。


HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション

3Dプリンティングによる造形受託サービスおよび3Dプリンター販売事業を行うSOLIZEは、2018年に「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」を導入し、製造業に対して3Dプリンティングの最終製品への活用の提案。同年7月には、自動車や家電メーカー向けに補給部品の生産や管理に関するコンサルティングサービスを日本HPと協力し開始した。

JVCケンウッドは、以前より3Dプリンティングの可能性に注目し、ものづくり改革の一環として試作品や冶具などの開発・設計段階において3Dプリンティングを活用してきたが、今回、最終製品への適用に向けSOLIZEとHPと共同で、3Dプリンティングによる造形に適したパーツの選定や、試作したパーツの技術的な検証を実施し、医療用カメラの内部部品として量産が決定。この部品は「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」の特長を生かした設計の最適化がされており、従来工法では製造が難しい複雑な構造を実現することで、機能改善とコスト削減を両立した。

また、長期にわたる補給部品の金型管理やメンテナンスコストの負担が業界共通の課題とされる中、ケンウッドでは、SOLIZEとHPが提供する補給部品コンサルティングサービスを利用し、さらなる最終製品での適用範囲拡大に向け、生産終了製品の補給部品への適用の検証を進めている。


検証中の補給部品例(ラジオカセットレコーダー ハンドル部の試作)

SOLIZEでは、補給部品をはじめとする最終製品の需要に応えるべく、国内で初めての採用となる量産向けソリューション「HP Jet Fusion 3D 4210 プリンティングソリューション」を増設し、1月より3台体制で生産能力を大幅に強化する。

今後の取り組み

今後の取り組みについて、ケンウッドは次のように述べている「3Dプリンティングの最終製品への活用を推進するSOLIZEとHPの取り組みに大変興味を持ち、今回の3社での協業が実現しました。「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」の造形物は、高い精度と低コストを実現していることはもちろん、異方性が少ないことにより、多くの最終製品への適用の可能性があると感じています。3Dプリンティングの最終製品への活用は、付加価値の高い製品作りにはもちろん、サステナビリティの観点からも非常に重要になってくると考えていますので、より多くの最終製品への適用を実現出来るように、3社での協業を進めてまいります。」
株式会社JVCケンウッド SCM部 スマートファクトリー推進グループ グループ長 佐藤氏 

SOLIZEは、3Dプリンティング/Additive Manufacturing技術の総合展「TCT JAPAN 2019」と「第1回次世代3Dプリンタ展」に出展し、HPの3Dプリンティングソリューションで造形した様々なパーツを展示。展示予定のサンプルには、今回発表されたケンウッドのパーツも含まれる。

「TCT JAPAN 2019」開催概要

  • 日程: 2019年1月30日(水)~2月1日(金) 10:00~17:00
  • 会場: 東京ビッグサイト 東6ホール
  • ウェブサイト: https://tctjapan.jp/
  • SOLIZE Products株式会社のブース:6V-13

「第1回次世代3Dプリンタ展」開催概要

  • 日程: 2019年2月6日(水)~2月8日(金) 10:00~18:00 (最終日のみ17 :00終了)
  • 会場: 東京ビッグサイト
  • ウェブサイト: https://www.japan-mfg.jp/3dpt/
  • SOLIZE Products株式会社のブース:西1-40

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る