3Dプリントサポーターが選手の膝を守る

3Dプリント技術を活かしアスリートの膝を守るサポーター「Safe Landing Garment」

米国ニューヨークにある私立大学プラット・インスティテュート(Pratt Institute)で工業デザインを専攻するデザイナーHubert Chen(ヒューバート・チェン)は、3Dプリント技術を用いたアスリート向け膝サポーター「Safe Landing Garment」を開発した。

image:hubertchendesign.com

競技を問わず、トップアスリートにとって重要な膝は、競技種目によっては着地時に体重の数倍もの荷重が加わり、過度の負荷や蓄積した疲労など様々な理由により、靭帯損傷などの大けがに繋がる可能性がある。これを予防するためアスリートは、テーピングや膝サポーターによって予防または補助を行うが、競技内容やアスリートの特徴に応じて様々なニーズがあり、また市販されるサポーターを使用した際に、過度の保護作用により怪我の深刻度が増してしまう可能性もある。

そこでデザイナーChenは、異なるパターン、壁厚、サイズからテストを重ね、個々のアスリートのリクエストに合わてカスタマイズ可能な3Dプリント膝サポーターを考案。

3Dプリント技術を適用した膝サポーターには、選手毎に異るパターンでデザインされたプリントパーツが設置可能で、フレキシブルなTPU材料の特性を活かし、選手に最適な膝サポーターを提供することができる。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る