デスクトップ型産業用3Dプリンタ「PartPro150 xP」

イグアス、デスクトップ型産業用3Dプリンタ「PartPro150 xP」国内先行販売開始

3Dプリンタの販売事業を展開するイグアスは、低価格で高精細造形を叶えるSLA方式のデスクトップ型3Dプリンタ、XYZPrintingの「PartPro150 xP」の販売を開始した。

「PartPro150 xP」は、デスクトップ式で省スペース設計ながらも150×150×200mmの大容量の造形エリアを有しており、クリア素材から耐熱素材まで全7種類の素材の造形が可能な産業用3Dプリンタで、高精細造形を行うことで定評のあるSLA(Stereolithography)方式を採用し、高い造形品質を40万円を切る驚きの価格で実現。

3Dプリンタ市場の活性化を目指すイグアスは「PartPro150 xP」を、2019年11月28日より¥398,000(税別)にて販売開始した。

PartPro150 xP 製品仕様

  • 造形方式:SLA(光造形/Stereolithography)
  • 最大造形サイズ[幅×奥行×高さ]:150×150×200mm
  • 積層ピッチ:25μ, 50μ, 100μ, 200μ
  • XYZ解像度:130μ
  • 接続:USB2.0, WiFi, Ethernet
  • 入力ファイル形式:.stl format, XYZ format(.3ws / .3wn)
  • 後処理方法:造形後、二次硬化を実施
  • 本体サイズ[幅×奥行×高さ]:280×337×595mm
  • 本体重量:13kg
  • 定格電圧:AC 100V ~ 240V, 50/60Hz 60W
  • マテリアル:Standard[Clear / White / Black], High strength, High-temp, ABS-like[Grey], PP-like, Flexible, Castable
  • 本体希望小売価格:398,000円(税抜)
  • 出荷予定:2020年1月下旬
  • 製品詳細:https://www.iguazu-xyz.jp/product/3dprinter/partpro150-xp

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る