ファブ人材発掘「ファブ3Dコンテスト2018」開催

未来を創造するファブ人材発掘コンテスト「ファブ3Dコンテスト2018」を開催

慶應義塾大学SFC研究所ファブ地球社会コンソーシアムでは、2017年度に引き続き、未来を担う才能を育成するため、日本全国のファブ施設と連携したコンテスト「ファブ3Dコンテスト2018」を開催する。

ファブ3Dコンテスト2017「3Dプリントエッグドロップ」参加者

3Dプリンタなどのデジタル工作機械やIoTなど、新しい技術の利活用法とSTEM領域における実践的事例や才能溢れる人材を発掘し、地域で育成していくことを目指し開催される「ファブ3Dコンテスト2018」では、計5つのカテゴリーを設け、小学生からプロまで、幅広い年齢の方を対象に、分野や世代を超えた、一つの価値観に縛られない、多様な可能性を感じられる作品を募集する。


3Dプリントエッグドロップコンテスト優勝作品

ファブ3Dコンテスト2018概要

応募期間:2018年8月1日(水)~10月17日(水)

募集内容

カテゴリー1
夏休みの自由研究 テーマ:観察と制作
対象:小学生

カテゴリー2
暮らしの自由研究 テーマ:暮らし生活/改善
対象:全般

カテゴリー3
FAB甲子園 テーマ:Sounds FABulous!
対象:中高生

カテゴリー4
IoT x FAB テーマ:笑顔を誘う
対象:全般

カテゴリー5
デザインエンジニアリング
テーマ:3Dプリントエッグドロップパッケージ
対象:チャレンジャー

応募方法

公式WEBサイト http://www.fab3d.org より応募

応募までの5つのステップ

STEP1 : 応募カテゴリーを選ぶ
STEP2 : 応募要項をよく読む
STEP3 : Fabbleの使い方を覚える / テーマに沿って作品制作!
STEP4 : Fabbleに作品とプロセスをアップ
STEP5 : 応募フォームに必要事項申し込み用紙データを添付・送信して応募完了!
※ 応募条件はカテゴリー毎に異なるため、詳細ならびにFabbleの使用方法については、公式WEBサイトを参照。

選考について

一次審査結果: 2018年11月上旬に公式WEBサイトに掲載予定
二次審査および授賞式: 2018年11月23日(金・祝)
※ 東京ミッドタウン(六本木 / 慶應義塾大学SFC Open Research Forum 2018サテライトイベント会場)での開催を予定。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る