最終製品に対応した業務用3Dプリンタ「Creator4」

カーボンファイバーからエンプラまで終製品に対応した業務用3Dプリンタ「Creator4」

FLASHFORGE の日本総代理店である APPLE TREE は、最終製品製造まで対応した業務用3Dプリンタ「Creator4」の販売を開始。2022年1月26日から東京ビッグサイトにて開催される TCT JAPAN2022 にて、同製品を展示する。

Creator4 の特徴

  • 大型サイズの造形を実現
  • 3種類のエクストルーダーを採用
  • カーボンファイバーから一部のスーパーエンプラまで対応
  • 独立型デュアルエクストルーダー(IDEX)搭載
  • 反りを防ぐ庫内温度調整
  • オートキャリブレーション機能
  • 高精度なリニアガイドを搭載

大型サイズの造形を実現

造形サイズはW:400mm×H:350mm×D:500mmと、大型造形が可能。従来の3Dプリンタで大型モデルを造形する場合、分割が必要だったが、Creator4では分割せずに一体化したまま造形が可能。

独立型デュアルエクストルーダー(IDEX)搭載

独立型でダイレクト方式のデュアルエクストルーダーを採用。左右に独立して稼働するエクストルーダーを搭載しているため、多様な造形ができる。

3種類のエクストルーダーを採用

Creator4には以下の3種類のエクストルーダーを用意しており、用途に応じて使い分けることができる。

  • EXTRUDER-HT:工業用フィラメントに対応したエクストルーダー
  • EXTRUDER-HS:炭素繊維に対応したエクストルーダー
  • EXTRUDER-F:軟性フィラメントに対応したエクストルーダー

カーボンファイバーから一部のスーパーエンプラまで対応

約20種類のフィラメントに対応。また、最大360℃(Extruder-HS使用時)まで加熱できるノズルを搭載しているため、造形が難しいカーボンファイバーナイロン、一部のスーパーエンプラなどの素材に対しても安定した造形ができる。

反りを防ぐ庫内温度調整

Creator4は庫内温度を一定に保つため、ヒートチャンバーを搭載。最大65℃まで温めることができるため、収縮の大きいABSのような材料に対しても、反りのない安定した造形を実現。

オートキャリブレーション機能

16点のメッシュベッドレベリング機能により、自動でプラットフォーム調整が可能。そのため、手動でのレベリングを採用している3Dプリンターよりも作業効率が向上。

高精度なリニアガイドを搭載

X軸とY軸に高精度なリニアガイドを搭載されているため、正確な位置決めが可能となり、安定した造形が可能。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る