Autodeskは123D Designなどの日本語対応を実施

Autodeskは123D DesignやMeshmixerなど日本語環境への対応を発表

123d-design-japanese

つい先日、日本語への対応を行ったばかりのAutodesk Fusion 360に次いで、同社は「Meshmixer(Win/Mac板)」「123D Catch(スマートフォンバージョン)」の日本語化を実施。

上記アプリの日本語版の提供は既に実施されており、既存ユーザーはアップデート実行するこで日本語環境へ切り替えることができる。
さらに同社は「Autodesk 123D Design」「Autodesk Tinkerplay」についても日本語対応を予定しており、実施予定次期は2015年10月下旬~11月上旬としている。
Autodesk 123D Designに至っては、世界第2位のユーザーを有する日本に対し日本語化へのローカライズは必須としている。

Meshmixerの日本語化

多少クセのあるUIのMeshmixerについては、日本語化を待ち望んでいた方も多かったのではないでしょうか。

meshmixer-japanese-1
既存ユーザーは、Meshmixer起動後にアップデートを実施

meshmixer-japanese-2
インストール後の初期設定画面から言語(日本語)を選択

meshmixer-japanese-3
あっという間に日本語対応完了

同社は現在「Autodesk Gallery Pop-up Tokyo」と題したイベント開催しており、デザインソフトウェアや3Dプリンター、レーザー カッターなどを用いたワークショップなどを開催し、アーチストやプロダクトデザイナーと交流するための企画を展開。
開催期間:10月23日(金)~11月8日(日)
会場:『BA-TSU ART GALLERY』〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-11-5


Autodesk関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る