AutodeskはリアリティキャプチャソフトMementoのベータ版公開

Autodeskは強力なキャプチャソフトAutodesk Memento beta(ベータ版)の一般公開を開始!

autodesk-memento-2

Project Mementoと言う名前で一部ユーザーにのみ提供されていたAutodesk Memento beta(ベータ版)が、無償(パブリックベータ版のみ?)で一般公開されました。早速我々もインストールし、検証を行っています!

Autodesk Memento beta(ベータ版)は、写真から3Dモデルの構築が可能な123D Catchに、3Dプリント機能に適したMeshmixerを統合したようなソフトウェアです。
Artec 3Dスキャナやレーザースキャナから読み込んだハイメッシュキャプチャデータの他、様々なツールで連続撮影された画像などから高精度な立体データを構築(撮影された画像をアップロードすると、クラウド上で処理される)。
構築された3Dデータのエラーチェックや修復はもちろん、スカルプティング機能によるスムージング処理など、データの編集作業が可能。ハードへ依存する部分もあると思いますが、2億ポリゴンメッシュの生成と編集にも対応(インストール時には、DirectXのインストールが必要となります)。

autodesk-memento-5
複数アングルの写真から立体データを構築

autodesk-memento-3
3Dプリント前の修復機能

また、3Dプリントセッティング機能では、デフォルト設定されたStratasysやMakerBotプリンターに最適化したデータのセッティングが可能で、よりシームレスに3Dプリント環境へ以降できる。

autodesk-memento-4

Decimation可能なExport機能も良い感じですね。FBX形式やOBJ形式を選択し、ポリゴンリダクションと共にディフューズマップ・ノーマルマップ・ディスプレイスメントマップの掃出しが可能なこの機能。無料ツールで、ここまでサクっとデジメーション可能なのは素晴らしいですね。
まだ検証中ですが、スキャンデータからUnityへの転用も試しています。

autodesk-memento-6
Decimation機能では、ポリゴンの軽減レベル調整の他、書き出されるマップの種類や解像度など選択が可能。

現在はWindows版のみのリリースですが、Mac版についても現在開発中とのことなので、こういった高機能なツールの少ないMacユーザーにとっても朗報ですね。

Autodesk Memento機能紹介用PV


関連記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る