Autodesk Emberが完全オープン化

Autodeskのオープンソース3DプリンターEmberが電子基盤とファームウェアを公開

ember-main-board-th

ハード、ソフト、材料と全てをオープンソース化するAutodesk SparkテクノロジーベースのSLA方式3Dプリンター『Ember』
今回Autodeskは、クリエイティブコモンズ(Creative Commons Attribution-ShareAlike license,)ライセンスの下、電子装置に関する資料とファームウェアを完全にオープンソース化。
デザインファイルや回路図(PCB)、部品リストや組立図を含む全ての資料を公開しており、開発者達はこれらのファイルを活用し、自由にカスタマイズ化を実行できる。

autodesk-ember-3d-printer-electronics
ファームウェアのアーキテクチャ

あらやる環境をオープンソース化し、Sparkテクノロジーをベースとした幅広い環境構築を展開するAutodesk。同社の動向は、今後の業界再編に大きな影響を与えることは間違いありませんが、Carbon3Dをはじめとした新しいテクノロジーや関連プロジェクトが、同社の目指すところとどういった関係性を築いていくのか、非常に楽しみですね。


Autodesk Ember関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る