GPUベースの3Dプリントアーキテクトデザイン

GPUコンピューティングと3Dプリントアーキテクチャデザインの可能性

gpu_3dprinting-1

トルコの建築家・デザイナーDaghan Camは、3Dプリンティングアーキテクチャーを生成するため、GPUコンピューティングシステムを使用したアルゴリズムを開発。

同氏が率いる研究チームによって開発されたアルゴリズムは、GPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を用いた計算によって導き出されたリアルタイムシミュレーション結果を適用し、複雑で独創的なデザインを表現。

NVIDIAの協力の下、同社のQuadro K6000グラフィックスカードテスラK40 GPUアクセラレータといったハイエンドGPUシステムを利用し、独自のアルゴリズムに基づいたリアルタイムレンダリングを実行し、3Dプリント用3次元データを構築。
完成した3Dデータは、Mateiralise社の巨大な高解像度光造形機を使用してプロトタイプを造形。

gpu_3dprinting-3

このアルゴリズムを適用することで、構造的な完全性を維持しながら、建築プロジェクトに必要な材料の量を最小限に抑えることが可能であることを証明しようとしています。

ロンドンの名門国立大学USLバートレット大学では、より広範なプロジェクトにこのアルゴリズムを用いたプロセスを適用するため、Cam氏の研究活動を支援。
同大学の建築学科の教員でもある同氏は、このようなGPUコンピューティングによる3Dプリントシステムが、従来には無い新しい設計システムを構築し、コストや時間の大幅な削減を実現する可能性を秘めた技術として、近い将来、建設と建築の世界で大きな役割を果たすだろうと述べています。


建築関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る