水をワインに変える3Dプリント製カクテルグラス

匂いと光と電気刺激で水をワインに変化させる3Dプリント製バーチャルカクテル「Vocktail」

シンガポール国立大学Keio-NUS Cute(コネクティブ・ユビキタス・テクノロジー・オブ・インコーポレイテッド)の主任研究員Nimesha Ranasinghe氏率いる研究チームは、匂いと光を用いて、水をワインなど他の飲み物に変える(シミュレートする)3Dプリント製バーチャルカクテルグラスを開発した。

Virtual Cocktail(バーチャル・カクテル)の略語から名付けられた「Vocktail」は、3種のセンサーを利用し、嗅覚・視覚・触覚を刺激し、ただの水をワインや他の飲料に変化したように錯覚させる。

グラスは、匂いの分子を放出する小型ポンプを搭載した3Dプリント構造になっており、グラスの縁に設置された電極で舌を刺激し、LEDライトの色の変化と合わせ、液体に苦味・塩味・甘味・酸味などを疑似的にシミュレートすることができる。

グラスの縁に沿って配置された2つの電極は、異なる味覚反応を模倣するため、飲酒者の舌に接触した時に電気パルスを送るよう設計されている。例えば、180マイクロアンペアは酸味を感じ、40マイクロアンペアなら塩味を感じ、80マイクロアンペアでは苦味を感じるようになると言う。また、LEDライトによる色の変化では、赤は苦味、緑は塩味、青は酸味などを刺激する。

これら味の変化を操作するには、Bluetooth接続されたスマートフォンから専用モバイルアプリを通して制御し、各刺激レベルを設定して様々な仮想味覚を作成することが可能になる。

研究チームは今後、高齢者や食事制限のある人々が、制限内容を気にせず様々な味覚を楽しむことができるよう、この技術を応用したいと語っている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る