Stratasysコスト効率の高い新型3Dプリンタ「J55」を発表

Stratasys、コストを抑えた新しいPolyJet 3Dプリンタ「J55」を発表

3Dプリンタメーカー大手 Stratasys は、最新のPolyJet 3Dプリンタ「J55」の発売を発表した。
この新しいシステムは、オフィスでの使用に最適な、コンパクトでコスト効率の高い3Dプリントソリューションを提供するために開発されたモデルで、低価格でありながら、高解像度プリント、高速プリントレート、マルチマテリアル機能など、あらゆる面で優れた性能を発揮する。

「J55」は、マルチマテリアルとマルチカラー機能を備えており、デザインアプリケーションに最適なモデルとなっている。この新システムは、透明色、PANTONE認証色相など、最大5種類の素材を一度に50万色近いカラーでプリントすることが可能で、回転ビルドプラットフォームと固定プリントヘッドを統合したユニークなシステムにより、メンテナンスが簡素化され、より信頼性が向上。

オフィスでの使用に特化して設計された「J55」は、コンパクトなフットプリント(0.43メートル四方)と比較的大きなビルドボリューム(22リットル)で、生産性を最大限に高めている。また、家庭用冷蔵庫と同様の53デシベル以下の静音性を実現しており「ProAero」空気抽出器を内蔵しているため、無臭でクリーンな3Dプリントを実現する。これにより、どのようなオフィス環境でも安心して使用することができる。

「J55」の主な用途としては、形状や色、質感などを忠実に再現したビジュアルプロトタイプの制作が挙げられる。このプリンタは、木、革、布など、さまざまな素材の表面テクスチャをシミュレートして、最適な効果を得ることができる。この機能は、大規模な製造や後処理を必要とせずに、製品の外観や感触を正確に再現すことが可能なため、デザイナーや設計者にとって非常に価値のある機能となる。

効率的なワークフローを実現するため「J55」システムは、GrabCAD Printソフトウェアを完全にサポートしており、一般的なCADファイルだけでなく、3MFフォーマットのファイルも簡単にインポート可能。更にStratasysは、Luxion Inc.の「KeyShot」レンダリング・ソフトウェアを使用した3MFカラー・ワークフローのサポートを追加。この機能は現在ベータ版で、2020年後半にリリースを予定している。

新型3Dプリンタ「J55」の価格は約$99,000で、2020年7月に出荷を開始予定。既に受注を開始している。

Stratasys J55 スペック

  • モデル材料:VeroCyanV、VeroMagentaV、VeroYellowV、VeroPureWhite、VeroBlackPlus、VeroClear、DraftGrey
  • サポートマテリアル:SUP710
  • 材料カートリッジスロット:5(+サポート)
  • ビルドエリア:71.6インチ²
  • ビルドボリューム:1,340インチ³
  • レイヤー厚:18ミクロン
  • ネットワーク接続:LAN – TCP / IP
  • システムサイズ:651 x 661 x 1551 mm
  • システム重量:228kg
  • 企業コンプライアンス:CE、FCC、EAC
  • ソフトウェア:GrabCAD Print
  • ビルドモード:高品質の速度 18.75ミクロン
  • 正確さ:Deviation ±0.15 – 0.2% of part length

関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る