MakerBot、STEM教育向け3Dプリンタパッケージをリリース

3Dプリンティング教育促進のためのパッケージMakerBot「SKETCH Classroom」

ニューヨークを拠点とする3Dプリンタメーカーで、Stratasys の子会社である MakerBot は、教育機関向けの3Dプリンタとソフトウェアライセンスをパッケージ化した教育システム「SKETCH Classroom」を発表した。

「SKETCH Classroom」には、MakerBotの最新FDM方式3Dプリンタ「SKETCH」2台と6つのMakerBot PLAスプール、4つのビルドプレート、2つのヘラ、2つのニッパー、教師および生徒の両方を対象とした12のMakerBot認定プログラムライセンス、クラウドベースの3Dプリントファイル管理ソフトウェア「MakerBot Cloud」が含まれ、1,799ドルから利用できる。

「SKETCH Classroom」は、教師と生徒の両方が3Dプリント技術を用いて様々な問題解決に対処できるよう設計された教育プログラムで、 3Dプリンタの操作とその創造的な能力に関するトレーニングプログラムから構成されており、2つの教師用ライセンス、10の学生用ライセンスを提供。教師は、クラウドベースの3Dプリントファイル管理ソフトウェア「MakerBot Cloud」を利用して生徒達の3Dプリントプロジェクトを管理し、ブラウザから簡単に3Dプリントを実行できる。「MakerBot Cloud」は、TinkerCad、Autodesk Fusion 360、Onshapeと統合されており、MakerBot Educationによって承認されたコミュニティ主導の600以上のレッスンプランにアクセス可能で、科目や学年、生徒のスキルなど個々のレベルに応じた最適なカリキュラムを利用することができる。

SKETCH 3Dプリンタ

「SKETCH」3Dプリンタは、150mm×150mm×150mmのビルドボリュームと簡単な3Dプリンティングナビゲーション用に設計された直感的なインターフェイスを備えるタッチスクリーンコントロールパネル、密閉チャンバーと微粒子フィルターなど、子供達が集う教室でも安心して利用できるUL認証を受けている。

 

SKETCH 技術仕様

  • プリント方式:FDM
  • 本体重量:11.8 kg
  • 本体寸法:433.4mm(H)x 423.1mm(W)x 365.0mm(D)
  • レイヤー解像度:100-400ミクロン
  • 対応材料:MakerBot Sketch PLA、MakerBot Sketch Tough
  • フィラメント直径:1.75 mm
  • 押出機:MakerBot SKETCH押出機
  • ノズル径:0.4mm
  • ビルドプレートレベリング:取り外し可能で柔軟な加熱式ビルド
  • 周囲温度:15-30°C
  • カメラ解像度:2メガピクセル
  • 接続:USB、イーサネット、Wifi
  • バンドルソフトウェア:MakerBot Printソフトウェア
  • OS:Windows(7、10)、Mac OS X(10.12+)
  • CADプラグイン:SolidWorks、Autodesk Fusion 360、Onshape、Autodesk Inventor
  • サポートされているファイルの種類
    MakerBot、STL、SolidWorks、InventorOBJ、IGES、STEP、CATIA、Wavefront Object、Unigraphics / NX、Solid Edge、ProE / Creo、VRML

関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る