Stratasys、複合材対応3Dプリンタ2機種を追加

Stratasys、F123シリーズに複合材対応3Dプリンタ2機種とナイロン炭素繊維材料を追加

3Dプリンタメーカー Stratasys(ストラタシス)は、複合材料の造形に対応した新型プリンタ「F190 CR」および「F370 CR」3Dプリンタに加え、炭素繊維で強化された新材料「FDM Nylon-CF10」を導入し、3Dプリンタ「F123」シリーズを拡張したことを発表した。この新しいプリンタは、複合材料の造形に対応した強化された機器で、高剛性・高強度の材料を提供する。

新しい複合材対応3Dプリンタは、製造業者や産業用機械工が、従来の製造技術を高強度複合材3Dプリントで補完できるように設計されており、このプリンタは、メーカーが最終用途の部品をより速く、よりコスト効率よく製造するのに役立ち、治具、固定具、ワークホールドツールに最適化されている。

新しい3Dプリンタには、シンプルで直感的なCADからプリンタへのワークフローを提供し、造形を確実に成功させるための高度な機能を含む統合型「GrabCAD Print™」ソフトウェアが含まれている。またストラタシスは、MTConnect規格とGrabCAD Software Development Kitを通じて、エンタープライズ・アプリケーションの接続性も提供。複合材対応のF123シリーズプリンタには、再利用可能な造形トレイ、リモートモニタリング用の内蔵カメラ、7インチのコントロールタッチスクリーンを搭載。また「F370 CR」プリンタは材料の自動交換機能を備えており、材料を交換するために造形を中断する必要がない(新しいキャニスターを設置するだけで、造形が継続される)。

同等の競合プリンタと比較して、ストラタシスの複合材対応F123シリーズプリンタは、より多くの材料が利用でき、より大きな造形サイズ、可溶性サポート材のオプション、また大きな造形サイズによる造形量あたりのコスト低減を実現。さらに「F190 CR」および「F370 CR」プリンタの完全加熱型の大型造形チャンバーとスタビライザー・ウォールにより、高さのある部品を造形することができる。

ストラタシスはまた、F123シリーズプリンタ用の新しい複合材料である「FDM Nylon-CF10」を発表。これは、ベースとなるナイロン材料に比べて60%以上の強度と3倍近い剛性を持つ材料で、チョップドカーボンファイバー材は、F123シリーズプリンタで使用できる数多くの熱可塑性素材の一つとなる。ストラタシスの可用性サポート材と併用すれば、どんな形状でも制限なく造形することができる。

新しい複合材対応F123シリーズプリンタとFDM Nylon-CF10は受注を開始しており、6月下旬に出荷開始を予定している。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る