3Dバイオプリントされた肝臓組織

米国バイオ3Dプリント企業Organovoは3Dプリントされた肝臓組織を機能させることに成功

organovo-3d-liver-tissue-1

米国ベースの3Dバイオプリンティング会社「Organovo Holdings, Inc.」は、3Dバイオプリントされた人間の肝臓組織を動物に埋め込み、機能性を維持する方法を示すデータを発表しました。

同社は、3Dバイオプリントされたヒト肝組織パッチをマウスに移植。ヒト肝細胞ベースの肝臓組織パッチは、マウスの体内に移植されてから7日以内に、マウスの血液中からアルブミン、α-1-抗トリプシンおよびフィブリノーゲンなどの重要なヒトタンパク質を検出することに成功。
検出されたアルブミン、α-1-抗トリプシンおよびフィブリノーゲンは、体内の栄養物質と水を結合させた弾力性のある血餅を形成。

organovo-3d-liver-tissue-3

同社は、2019年までに3Dバイオプリントされた肝臓組織に関する研究について、FDAに提出する計画を進めている。

organovo-3d-liver-tissue-2

Organovoは、独自の3次元バイオプリンティング技術を使用し、バイオ医薬品企業や学術医療センターと提携して機能的な人体組織を設計・作成するベンチャー企業です。

もしかしたら近い将来、病気や怪我、先天性の障害などにより問題を生じた臓器などを、3Dプリント臓器と交換する。という手術が当たり前のように行われるようになるのかもしれませんね。


医療関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る