ANAが3Dプリント義足を共同開発

ANAとJSRはSHCデザインが製作する『3Dプリント義足』を共同開発

ANA-JSR-SHC-3dprinting

JSR株式会社(以下JSR)と全日本空輸株式会社(以下ANA)は、株式会社SHCデザイン(以下SHCデザイン)が製作する『3Dプリント義足』を共同開発しました。
途上国や紛争地域、自然災害など様々な理由から偏った食生活に陥り、糖尿病が原因で下肢を切断し、義足を必要としている患者が推定1700万人と言われていますが、現在の一般的な金属ベース義足は単価が30~40万円と高価であり、購入できる人は限られているのが現実です。
また、日本を含む先進国でも、義足に使用されている金属の錆を敬遠して海辺に近寄れなかったり、温泉の浴場内で義足使用がかなわず不便な思いを余儀なくされるなど、義足歩行者の旅行には様々なハードルがあります。空港の保安検査場では、義足の金属部品がセンサーに反応するため、義足歩行者は再度係員による触手検査を受けなければなりません。
SHCデザインは、このような国内外の義足歩行者の方々が抱えるトラブルやストレスを解決するため、2015年に「3Dプリント義足」の開発をスタート。JSRが開発した3Dプリンタ用素材「FABRIAL®R シリーズ」を使用することにより、実用化(2017年販売開始)を目指しています。

FABRIAL

この義足の特徴

  • 3種のプラスチック材料のみというシンプルな構成
  • 製造原価は一般的な義足の20~30%程度
  • 金属を一切含まないため、従来の義足に比べ軽量

SHCデザインは、フィリピンで安価な義足を多くの人にお届けられるよう国際協力機構(JICA)の委託を受け、事業展開のための調査を実施。
日本国内においては、旅行の際の心身の負担を軽減し、既存の義足では難しかった体験を可能にする「2本目の義足」としての事業展開を計画。
このSHCデザインのイノベーションに賛同し、ANA(全日本空輸株式会社)は義足歩行社員による検証と技術的アドバイス・空港における実証実験・空港でのサービス提供検証・SHCデザインの事業展開時の渡航支援等の協力を行うことで、より多くの利用者に快適な空の旅をサポート。
またJSR株式会社は、慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボと共同開発した3Dプリント用フィラメントFABRIAL®シリーズの提供を通じ、SHCデザインのチャレンジをサポート。


医療関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る