閲覧注意:超リアルな医療用3Dプリント人体模型

外科医の外傷緊急手術トレーニング用に開発されたライフサイズのリアルな3Dプリント人体模型

3d-print-lifesize-human-body-1

ノッティンガム・トレント大学の研究者リチャード・アーム氏は、業界パートナーのサポートを受け、心臓や肺などの臓器を備えた手術訓練用の超リアルなライフサイズ3Dプリント人体レプリカを作成した。

3d-print-lifesize-human-body-2

シリコンゲルと繊維の混合素材で3Dプリントされたこのリアルな人体模型は、若い外科医を訓練する目的で作られた物で、メスによる皮膚切開ができるのはもちろん。心臓や肺、血管などの臓器も全て本物の臓器をCTスキャンし、3Dプリントされた物を使用している。

3d-print-lifesize-human-body-3

それぞれの臓器は種類に応じてリアルな硬さが再現されており、人体と同じような部位に納められるようになっている。

3d-print-lifesize-human-body-6 3d-print-lifesize-human-body-7

機能する肺は、蘇生バッグを使ってポンピングを行うことも可能。

3d-print-lifesize-human-body-5

英国国防省は軍医のトレーニングのためこの3Dプリント人体レプリカの発注を決めており、同研究チームも今後よりリアルな臓器の製造に取り組み、機能向上させるとしている。

3d-print-lifesize-human-body-10


3Dプリンタと医療関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る