ミマキ新型3Dプリンタ「3DFF-222」販売開始

ミマキエンジニアリングはFFF方式の新型3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を開始

Mimaki(ミマキエンジニアリング)は、Sindoh社(韓国)との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」を2019年4月末より販売開始する。

「3DFF-222」は、最大造形サイズ210mm×200mm×195mm(W×D×H)のデスクトップFFF方式3Dプリンタで、形状サンプルや試作品造形はもちろん、治具制作の内製化、真空成形の型作成など幅広い用途に活用可能で、同社フラットベッドUVプリンタと組み合わせUVプリンタで加飾することで、アイキャッチ効果の高い、立体的なフルカラー屋内サインなどが作成できる。

凹凸がある造形物に対してもプリント可能な同社UVプリンタのプリント機能「LDモード」を使い、最大4mmの高低差も高い品質を維持したままプリントが可能。

 

真空成形の型作成

真空成形品を作成する際に必要な成形型を「3DFF-222」で造形し、穴あけなどの特殊加工を必要とせず、同社「UJF-7151 plus」「JFX200-2513」に搭載可能な柔軟インク「LUS-350」を使用し、成形用フィルムへプリント。極小ロットの成形や試作品などに活用できる。


組み合わせて使えるフラットベッドUVプリンタ

3DFF-222の主な特徴

  • フィラメント自動供給
    フィラメントの取付作業は、リールフィラメントを専用カートリッジに入れ本体にセットして完了。フィラメントがノズルに自動的に供給され、従来の小さな穴にフィラメントを通すような面倒な作業は不要。使用後も自動でフィラメントの切断が可能で、煩わしい作業が大幅に削減。
  • フレキシブルメタルベッド採用
    3DFF-222は、造形テーブル(ベッド)を少し曲げるだけで、造形物をベッドからとり外す事が可能。スクレーパーを使用して造形物を外す必要のある3Dプリンタと違い、安全に作業が可能。また造形テーブルには安定造形を可能にする温度調節機能が内蔵されている。
  • ベッドレベリングアシスト
    3DFF-222は、自動でテーブルの水平誤差を測定、カラーモニターに作業指示を示す。これにより常に一定の水平を保ち安定した造形ができる。
  • リモートモニタリング
    造形のプロセスを遠隔監視するためのカメラとLED照明を搭載。スマートフォンやタブレットにモバイルアプリをインストールするだけで、好きな場所から造形の進行状況を確認することが可能。
  • HEPAフィルターを採用
    HEPA (High Efficiency ParticulateAir)フィルタは、空気清浄が求められる分野で使用されている高性能フィルタで、3DFF-222にはこのフィルタが採用されており、周囲に汚れた空気を排出させない仕組みになっている。
  • 静音設計
    優れた性能のモータードライバーを採用し、造形時の騒音レベルが45dB(美術館の騒音程度)にまで抑えられている。

3DFF-222 基本スペック

  • プリント方式:FFF方式
  • ノズル径:0.4mm
  • 造形サイズ:210×200×195mm
  • 積層ピッチ0.05~0.4mm
  • フィラメント:純正PLAのみ
  • フィラメント径:1.75mm
  • プリント速度:10~200 mm/s
  • フィラメント供給:自動供給システム
  • ベッドレベリング:セミオート
  • インターフェース:5インチ タッチスクリーン
  • LEDランプ:内蔵
  • モニタリングカメラ:PC、スマホなどからWi-Fi経由
  • 接続:USB、イーサーネット、Wi-Fi、USBメモリ
  • スライスソフト:専用ソフト(3DWOX Desktop Software
  • 対応フォーマット:STL、PLY、OBJ、G-CODE、AMF
  • 本体サイズ:421×433×439mm
  • 本体重量:16kg
  • 販売予定価格:210,000円(税別)
  • 販売開始:2019年4月末

関連記事​

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る