金属3Dプリンタは今最も成長している

IDTechExは金属3Dプリンタ市場がAM分野で今後最も成長すると予想したレポートを発表

EOS_M_400

米国の市場調査会社IDTechExは、金属3Dプリント市場がAM(アディティブ・マニュファクチャリング)で最も成長する分野であるとするレポートを発表しました。

このレポートでは、金属3Dプリンタの売り上げが年率48%、金属3Dプリンタ用材料が年率32%で成長すると予測している。
過去の記事でもご紹介した通り、欧米では航空宇宙産業、自動車、医療分野で完成部品製作にダイレクトメタルプリント技術の活用が進んでおり、今後益々その適用範囲の拡大が見込まれている。

metal-3d-printing-am-industry-report-1
ARCAMによって作られた3Dプリント製医療用インプラント

金属3Dプリンタによる部品製造を展開するGEやAirbusでは、ダイレクトメタル3Dプリントされる部品点数を大幅に拡大させるため、多数の金属3Dプリンタを配置する専用工場の建設など、数十億単位の大規模な投資を行っている。

ge9x-3dprinting-3
メタル3Dプリントされた燃料ノズルを搭載するGE9Xジェットエンジン


金属3Dプリンタ関連記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る