3Dプリントノズル搭載のジェットエンジン試験成功

GEは3Dプリントノズルを搭載した史上最大ターボファンエンジンGE9Xの運転試験に成功

ge9x-3dprinting-1

GEは、Boeing社の次世代大型旅客機「B777X」に搭載される最新ジェットエンジン『GE9X』のフルスケール試作機の地上運転実験に成功したことを発表した。

GE9Xは、直径134インチのフロントファンと、100,000ポンドクラスの出力を要する史上最大級のターボエンジンで、ダイレクトメタル3Dプリント技術によって成形された燃料ノズルを搭載したGEの最新型ジェットエンジン。

 

ge9x

 

3Dプリントノズルは、従来型の製造手法同等以上の強度を維持しながら、3Dプリンターによる製造手法を取り入れたことで、複雑で高効率な内部構造のノズル製造を実現し、約25%の重量軽減を達成。
同時に、3Dプリント技術などを活用するこで、短期間でのフルスケール試作機の製造が可能となった。

ge9x-3dprinting-2

GEは、2017年度から認定取得に必要な各種試験や実飛行試験の実施を予定しており、2018年中に認定取得を計画。
GE9X搭載のBoeing B777Xは、2019年からの運航開始を目指している。


航空機関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る