GEが金属3Dプリントメーカー2社を買収

GE AviationはAM装置サプライヤARCAMとSLMを買収するため$14億を投資します

ge-additive-manufacturing-companies-arcam-slm-2

航空機用エンジンを製造するGEグループ「GE Aviation(航空)」は、AM(アディティブマニュファクチャリング)設備サプライヤ大手『ARCAM AB』および『SLMソリューショングループ』を、総額$14億で買収する計画を発表しました。

予てよりメタル3Dプリント技術を利用した航空機用エンジン部品の開発に取り組んできたGEは、この買収により材料科学やAM能力を強化し、2020年までにAM関連事業を$1億規模に成長させるとしています。
また同時に次の10年間で、GE全体で$30~$50億のコストダウンを計画。

ge-additive-manufacturing-companies-arcam-slm-5

スウェーデンに本拠を置くARCAM ABは、AM製造における電子ビーム溶解装置の発明(特許取得)と高度な金属粉末材料を生成し、航空宇宙や医療産業を顧客に持つ大手サプライヤ。
従業員数:285人、収益(2015年度):$68万

ge-additive-manufacturing-companies-arcam-slm-4

ドイツに本拠を置くSLMソリューショングループは、航空宇宙、エネルギー、ヘルスケアおよび自動車産業など、幅広い顧客に金属系AM装置を供給するサプライヤです。
従業員数:260、収益(2015年):$74万

同社はこの買収を機に、急成長産業分野を強化し、新たな製造ソリューションによる大規模な生産効率の向上を目指そうとしています。

※追記(2016年9月16日)

SLMソリューションズ社日本代理店「愛知産業株式会社」様より下記の情報をいただきましたので、ご案内いたします。

SLMソリューションズ社への質問と回答

1.質問:今後SLM社は航空宇宙分野以外の顧客に販売していくのか。
回答:GEはSLM社のビジネス拡大のためにSLM社の顧客基盤を継続し、更に拡大することを約束する。

2.質問:GEアビエーション部門の競合となる顧客はどのようになるのか。
回答:エンジンメーカー間では競合関係の間での部品売買はよくある事例であり、SLMソリューションズ社は、GE以外のエンジンのOEM供給メーカーを含めて、全ての顧客にこれまでと同様に万全なる技術サポートを継続する。

3.質問:販売組織の変更はないか。
回答:GEはSLMソリューションズ社の持つ世界の技術・販売拠点は継続する。

以上の内容は、SLMソリューションズ社よりの正式回答となります。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る