DMM.make3Dプリントが新たな生産拠点を開設

DMM.make3Dプリントサービスは日立物流、佐川急便と共同で日立物流京浜物流センター内に生産拠点を開設

合同会社DMM.comは、2018年12月4日(火)より、日立物流、佐川急便と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島)内に、3D造形物の生産拠点を設置し運用を開始した。

本取り組みについて

DMM.make3Dプリントサービスでは、主要な生産拠点を石川県加賀市に設置しており、プリンター本体はもちろんの事、付帯設備、資材等の管理に広大な土地が必要なため地方に生産拠点を置く必要があった。本取り組みでは、日立物流の流通センター内に生産拠点を置く事でコストを抑え、佐川急便の流通網を用いることでより迅速な輸送を行う事が出来るようになった。

これにより、これまで物理的な制約により対応が難しかった首都圏への「即納」を実現。DMM.makeの強みである価格と品質を維持する事が出来るようになる。

本施設では、法人等からの需要が多いプロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入。複数の素材を用いることにより、ゴムのような柔らかい素材、硬い素材、耐熱性の高い素材を出力することができ様々なニーズに対応が可能。

今後の展望

試験運用期間を経て、より顧客ニーズに適したプリンターの導入、生産設備の拡充を実現。また、同センターではメーカーの保守部品等の管理を行っており、委託先は莫大なコストがかかる。保守部品等の3Dデータ管理を行い、必要な時に必要な個数を即納でお届けできる体制を構築していく予定である。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る