3Dプリントモデルのバランスを最適化するアルゴリズム

ディズニーリサーチは異なるポーズでも常にバランスを保つための3Dプリントアルゴリズムを開発

disneyresearch-balancing-3d-models-movable-masses-1

最新技術を研究・発表するDisney Research(ディズニー・リサーチ)は、最新の研究事例として、3Dプリントモデルのバランスを最適化するアルゴリズムに関する研究成果として、造型物内部に可動する質量を有する物体(資料では金属ボールが用いられている)を埋め込み、3Dプリント造型物の形状に応じてバランスを最適化するためのアルゴリズムを発表。

disneyresearch-balancing-3d-models-movable-masses-5
多関節モデルの一例

3Dモデル生成のためのソフトウェアは、造形する3次元形状の特徴に応じ専用のアルゴリズムでバランスを計算。この計算結果に基づき生成された3Dモデルから3Dプリンタでオブジェクトを造形。造形の過程でプリントを一時的に中断し、バランス用の物体(金属ボール)を内部に挿入して再び造形をスタートさせ、金属ボールを内部に埋め込む。

disneyresearch-balancing-3d-models-movable-masses-4

下図のブレイクダンスをする3Dプリントテディベアのように、一つの3Dモデルが、6つの異なるポーズで常に最適なバランスをキープすることを実現するため、造型物内部に空洞(金属ボールが移動するためのスペース)と、金属ボールを配置。

disneyresearch-balancing-3d-models-movable-masses-2

同チームは今後、金属ボールに代わる物質として、砂のような粒状の材料や液体を用いた実験を計画している。

disneyresearch-balancing-3d-models-movable-masses-3水中でも空中でもバランスを保つイルカ


ディズニーリサーチ関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る