アジリスタにシリコーンベース材料追加!

KEYENCEのインクジェット方式3Dプリンタ「AGILISTA」にシリコーンゴム材料が登場

agilista-ar-g1l-1
イメージソース:KEYENCE

高精細インクジェット方式3Dプリンタ「AGILISTA(アジリスタ)」シリーズをリリースするKEYENCE(キーエンス)は、シリコーンゴムベースの新しい3Dプリント材料「AR-G1L(低硬度シリコーンゴム)」を追加した。

インクジェット方式3Dプリンターでは世界初となるシリコーンゴム材料は、高い弾性素材の特徴を活かし、従来のゴムライク素材では破損しやすく再現が難しかったフレキシブルな薄肉造型物などの再現にも対応することができる。また、アジリスタシリーズの特徴である水溶性サポート材により、微細な形状も破損せずに造形することが可能。
※AR-G1L(低硬度シリコーンゴム)が利用できるのは、AGILISTA-3200のみとなっています。

シリコーンゴム素材により、パッキンの組立評価、グリップの感触確認、軟質な冶具類、軟らかい臓器や血管などの模型製作などへの適用が想定される。

agilista-ar-g1l-2
イメージソース:KEYENCE

AGILISTA-3200 スペック

  • モデル材:AR-M2(透明樹脂)、AR-H1(耐熱樹脂)、AR-G1L(低硬度シリコーンゴム)
  • サポート材:AR-S1(水溶性樹脂)
  • 造形サイズ:297×210×200mm(A4サイズ×200mm)
  • 解像度:635×400dpi
  • Z解像度:AR-M2 高分解能 15µm/標準 20µm、AR-H1 標準 20µm、AR-G1L 標準 30µm
  • 外形寸法:W944×D700×H1360mm
  • 重量:188kg
  • 使用周囲温度:18~25°C
  • 使用周囲湿度:30~70%RH
  • 電源:電源電圧 AC100-240V 50/60Hz
  • 消費電力:最大750VA
  • インターフェース:Ethernet 10BASE-T/100BASE-TX
  • オペレーション:液晶カラータッチパネル
  • ソフトウェア:Modeling Studio 造形データオペレーションソフト
  • 対応OS:Windows 10 64/32bit、Windows 8/8.1 64/32bit、Windows 7 64/32bit、Windows Vista 64/32bit
  • 入力データファイル形式:STLファイル

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る