中国に3Dプリント公衆トイレが登場!

中国企業WinSunは風光明媚な観光地に世界初の3Dプリント公衆トイレを設置します

ドバイに建設された3Dプリントオフィスや、6階建の3Dプリントアパートなど、様々なコンクリート3Dプリント建築や新材料の研究開発を展開する中国企業WinSunは、中国・蘇州市に世界初の3Dプリント公衆トイレを建設しました。

chinese-3d-prints-public-toilet-2

中国国家観光局は、国内のトイレ事情を改善するためのプロジェクトとして「トイレ革命」を推進しており、WinSunは蘇州市と協力し、このプロジェクトの一環として3Dプリント公衆トイレを建設。

この3Dプリント公衆トイレも、これまで実施してきた3Dプリント住宅などと同様
WinSun工場でコンクリート材料から3Dプリントされた躯体を搬入し、現場の職人たちの手で組立てと内外装工事を行う方法で建設されています。
この方式を採用することにより、従来よりも大幅な人件費と部材(廃棄材料含)の削減を実現しています。

chinese-3d-prints-public-toilet-4
chinese-3d-prints-public-toilet-3

WinSunは、給排水システム、公園、環境衛生などの公共および付帯設備を含む多くの都市インフラ構築における3Dプリントの活用方法を研究している企業で、同社は近い将来、中国国内において、建設、不動産、都市デザイン、そしてさらに多くの産業に3Dプリント技術が革命をもたらすことに期待しています。


建築関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る