3Dプリントパーツで組上げたメッシュ構造建造物

φ10mmのアルミ棒と3Dプリントパーツで構成されたメッシュ状大型構造物

SUTD-3D-Printed-Mesh-Pavilion-4

SUTD Singapore(シンガポール工科・デザイン大学)の学生チームは、370本弱のφ10mm径アルミ棒と、SLS方式で造形された91個(19個の金属と72個のナイロン素材)3Dプリントパーツを組合わせ、14.5メートルの高さのメッシュ状建造物を作成した。

SUTD-3D-Printed-Mesh-Pavilion-2メタルプリントされたジョイントパーツ

SUTD-3D-Printed-Mesh-Pavilion-1
ナイロン素材でプリントされたジョイントパーツ

Untitled

SUTD-3D-Printed-Mesh-Pavilion-391種類の3Dプリントパーツ

各ノードは独自のアルゴリズムによって最適化された3Dモデルから生成されており、四面体ジオメトリ構造は、建築物の安定性と堅牢性を担保するために構成されています。

SUTD-3D-Printed-Mesh-Pavilion-7

このスケールモデルの構造体は、3Dプリント建築に対する無限の可能性を示す教育・研究素材として同大学キャンパス内に設置されています。

SUTD-3D-Printed-Mesh-Pavilion-8
FloorPlan.3dm


3Dプリント建築関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る