BMF、次世代アンテナ開発でパートナーシップ締結

3DプリンタメーカーBMFとSunway Communicationが次世代アンテナの開発で戦略的パートナーシップを締結

精密3Dプリンターメーカー Boston Micro Fabrication(以下、BMF)は、RFに関連する電子部品・モジュールの世界をリードする企業 Sunway Communication Corporation(以下、Sunway Communication)と、次世代アンテナの共同開発で戦略的パートナーシップを締結。米国カリフォルニア州サンディエゴに共同研究開発ラボを開設した。


Sunway CommunicationとBMFの共同研究開発ラボ

RF市場がミリ波アプリケーションに本格的に移行するにつれ、アンテナや導波管はより小さく、より複雑になっており、従来の製造技術では克服することが難しくなってきている。

Sunway Communicationの取締役副社長兼ゼネラルマネージャーWilson Wu博士は次のように述べている。「私たちは小型化に対するニーズを満たすための解決策を探していました。BMF社は急成長しており、その技術はすでに多くの産業で使われています。今回の共同開発提携により、Sunway Communicationの強みであるRFセラミック材料とアンテナ技術を活用し、研究開発を加速するとともに、リーダーシップの地位を向上することを期待しています。」
また、BMFのCEOであるJohn Kawola氏は「Sunway Communicationと提携して、通信分野に3Dプリント技術を導入できることを、大変嬉しく思います。BMFは精密微細加工における専門的な3Dプリンティングソリューションを提供し、Sunway Communicationは高価値な通信製品における貴重な経験をもたらします。」と述べている。


BMF社製精密セラミックモデル

この共同研究は、Sunway Communicationの兼首席科学家兼アンテナ研究所所長であるHoward Liu博士と、BMFの共同設立者兼CTOであるChunguang Xia博士が主導。 両社は、それぞれの強みと経験を融合し、より高品質な製品を市場に送り出すとしている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る