BMF、アップグレードした超高精度3Dプリンタ「microArch®S240」を発表

BMFはアップグレードした高精細3Dプリンタ「microArch®S240」の発売開始を発表

自社開発の超高解像度マイクロスケール3Dプリント技術により、世界最高の精密水準を実現するmicroArch® 3Dプリンタシステムを提供する BMF(Boston Micro Fabrication/ボストン・マイクロ・ファブリケーション) は、12月27日(月)より、従来モデルからアップグレードした超高精度3Dプリンタ「microArch®S240」の発売を開始。このリリースと同時に、新たな公式サイトを公開した。

「microArch®S240」は、BMFで最も多い販売実績のある10µmシリーズに新たにラインアップされたモデルで、10µmの光学解像度と加工公差±25µmにより、微細構造を正確に造形出来る高精密3Dプリントシステムで、「microArch®S240」最大特徴は、主に造形面積、造形速度、使用可能材料の3項目で、既存の140シリーズから大きな進歩を遂げている。

microArch®S240の特徴

造形面積の最大化

最大造形サイズは100mm×100mm×75mmとなり、microArch®140の造形サイズ(94mm×52mm×45mm)より大きなサイズの部品を製造する、小型部品を中ロットで量産することが可能。

造形速度の向上

ローラー式膜システム(Roller-membrane Layering System)により、10umの高解像度を維持しながら、造形時間をmicroArch®140より最大で約50%短縮。

多様な材料に対応

構造物の耐久性を大きく向上させるため、200cps以下の低粘度樹脂だけでなく、cps5,000以上の高粘度材料にも対応。更には、セラミックやナノ粒子を含む機能性複合材料にも対応。

microArch®S240 スペック

  • 動作原理 : プロジェクション·マイクロ·ステレオリソグラフィー(PµSL)
  • 光源:  UV LED(405nm)
  • 造形材料:光硬化性樹脂、セラミック
  • 光学解像度:10μm
  • 積層厚:10~40μm
  • 最大造形サイズ:100mm(L)×100mm(W)×75mm(H)
  • ファイル形式:STL

関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

       

ページ上部へ戻る