Autodesk今秋よりFusion 360日本語版提供開始!

Autodeskの次世代3DツールFusion 360の日本語版を2015年秋より提供開始

fusion360-japanesse

オートデスク株式会社は、コンセプトデザイン、意匠、機械設計、製造、解析の機能を備えたクラウドベースの次世代3D CAD/CAM/CAE ツール 「Autodesk Fusion 360™」の日本語版を、2015年秋から提供開始すると発表。
Autodesk社プレスリリースはこちら

3DプリントユーザーであればAutdesk 123Dと並び認知度の高いFusion 360。同ツールはいままで英語版のみでの提供でしたが、国内ユーザやスタートアップ企業から要望を受け、この度日本語版のリリースを決定しました。

Fusion 360は、学生、ホビー、スタートアップ企業ユーザーは無償で利用することが可能ですが、英語版のみの提供だったため「手を出しずらい」と言ったユーザーも多かったかもしれません。多少英語が苦手でも、3Dソフトウェアに慣れているユーザーであれば、Fusion 360のUIをなとなく理解できると思いますが、全く不慣れな方にとっては、日本語環境へのローカライズは非常に有難いことかもしれませんね。

また先日、米国AutodeskよりFusion 360の日本語向けウエブサイトがリリースされました。同サイトはまだ完成したばかりで改善が必要な状態ですが、日本語化されたことで、より理解しやすくなったはずです。

日本語版Fusion 360サイト
http://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview


Autodesk 関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る