豪州で再び3Dプリント銃に関連した逮捕者

オーストラリアの警察は3Dプリント銃を製造所持したギャングメンバーを逮捕

australian-3dprint-gun-3

オーストラリアの警察機関は、麻薬所持等の容疑で逮捕したギャングメンバー宅から発見された3Dプリント銃や、3Dプリンターを押収。

australian-3dprint-gun-1

恋人と共に逮捕された犯人は、薬物やバイク盗難容疑の他、コーディーウィルソン開発の3Dプリント銃「the Liberator」の製造や弾薬を所持していたとされる。警察は、この3Dプリンタ銃の製造に使ったと思われるFFF方式の3Dプリンターも押収した。

australian-3dprint-gun-2

オーストラリア政府は、2015年11月以降3Dプリント銃に関連する取り締まりを強化しており、ニューサウスウェールズ州などでは3Dプリント銃の製造や所持はもちろん、データ(図面等)を所有することも禁止しており、今回の逮捕に対しどのような判決が下されるか注目されている。

オーストラリアの警察と議員は、3Dプリント関連武器が社会に重大な危険をもたらすとして、法整備を急いでいる。


3Dプリント銃関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る