更に磨きの掛かった3Dプリント金属銃

Solid Conceptsがリリースした新型メタル3Dプリント銃「REASON」

3dprinting-gun-2s

丁度一年前にお伝えしたメタル3DプリンティングのメーカーSolid Concepts(現在はStratasys傘下)が公開したDMLS 3Dプリント銃「1911
同社が今回新たに公開したDMLS 3Dプリント銃は、より高精細な細工が施された「REASON

初期モデルのDMLS 3Dプリント銃「1911」

3dprintgun_6

今回リリースされたREASONは、初期モデルである1911同様、DMLS(金属粉にレーザーを照射し焼き固めるタイプ)で造形されているが、銃身やグリップに細かな細工が施され、同社の造形関連技術がこの1年で更に進化したことを証明するモノである。
初期モデルの1911はこれまでに5000回発以上の実弾発砲に成功しており、今回のREASONも同様の技術をベースに開発された実使用可能な3Dプリント銃。

REASONには、グリップ部の一部に独立宣言の一文が刻印されている

3dprinting-gun-3s

初期モデルの1911の造形コストは1万1900ドルでしたが、今回のREASONの価格は未定。

粉末系は今後益々改善が進み、実用レベルの造形が可能な高精度な機器が開発されてくると思いますが、こういった取組みも技術進化への貢献としては重要ではないでしょうか?

その他の3Dプリント銃関連記事はこちらからご覧いただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る