快適でスタイリッシュな3Dプリントブラジャー

Arí Van Twillert、世界で初めて3D技術を利用した快適なオーダーメイドランジェリーを発表

オランダ・ロッテルダムのランジェリー会社「Arí Van Twillert」は、世界で初めてのオーダーメイド3Dフィットランジェリーをリリース。最初のコレクションとして、3Dスキャンと3Dプリント技術を活用した快適で美しいブラジャーを開発。

「The Fundamentals」と呼ばれるオーダーメイド3Dプリントランジェリーコレクションは、ブランド毎に異なるフィット感により、ブラジャー選びに悩む多くの女性達のため、快適なフィット感とスタイリッシュなブラジャーを提供。

利用者の体に完璧にフィットするブラジャーを提供するため、3Dスキャン技術を利用し着用者の体をスキャン。約20,000ポイントのデータから自社開発のソフトウェアを使用して最適なサイズを割り出し、特許出願中のCurvearisと名付けられたカスタムフィットの3Dプリント製アンダーワイヤー生成。3Dプリントされたパーツは、伝統的な縫製技術を使用し、自社のアトリエで6週間~12週間掛けて完成する。
また、一度3Dスキャンされたボディ情報はファイルに保管されるため、追加オーダー時の工数を節約することもできる。

1930年代に発明されて以来、ブラジャーのサイジングシステムは不十分で、80%以上の女性が間違ったサイズのブラジャーを着用していると考えられている。こういった課題に女性目線から対処するためArí Van Twillert は、伝統的な縫製技術と最新の3D技術を組み合わせた、エレガントで快適なブラジャーを開発。

3DプリントされたCurvearisのセットを含むカスタムフィットブラジャーの予定価格は€895で、別注のパンティは€320として、現在同社公式サイトから予約注文を受付けている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る