AlexaとAmazon Echo年内に日本展開

AmazonはAlexaとEchoデバイスを年内中に日本展開開始することを発表

Amazon.co.jp(以下 Amazon)は、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」と「Amazon Echo」を年内に日本で展開し、事前購入を希望したユーザーへ招待制でEchoを購入できるようにすると発表した。

さらにAmazonは、Alexa Skills Kit(ASK)およびAlexa Voice Service(AVS)を日本市場でも展開し、日本の利用者に向けて世界中の開発者がさまざまなAlexaによる音声体験を構築できるよう支援する。

Amazon Echoは、音声による操作で常にハンズフリーで利用できるデバイスで、部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaが直ぐに対応。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取り、それぞれのマイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、さらには音声指示以外の話し声さえも抑制。Echoの先進的なオーディオデザインには、専用のツイーター、2.5インチ ダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されている。

Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっている。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立つことが可能。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができる。

Alexa Skills Kit(ASK)

Amazonは、日本の利用者に向けて開発者がAlexaスキルを作成できるようASKを提供する。セルフサービス型の各種APIとツール群で構成されるASKによって、開発者がAlexa用の新しい音声駆動型機能を迅速、容易に作成できるようになる。Amazonが利用者の発する音声指示をAlexaが認識する、理解する、処理するといった一連の流れをすべて担うため、音声認識や自然言語処理の知識は必要としない。日本のパートナーの一部には事前にAlexaスキルの作成を進めており、これらのスキルは、株式会社NTTドコモ、クックパッド株式会社、KDDI株式会社、積水ハウス株式会社、ソフトバンク株式会社、日本放送協会(NHK)、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ、ヤフー株式会社、株式会社リクルートホールディングス他のパートナーより提供される予定となっている。

Alexa Voice Service(AVS)

AVSの使用により、ハードウェアメーカーの製品開発者はAlexa対応の製品を開発することが可能となり、接続されたあらゆるデバイスを音声で制御できるようになる。これにより利用者は、常に進化し続けるAlexa独自の機能に加え、スマートホーム端末を音声で操作したり、さまざまなAlexaスキルを利用できるようになる。 AVSは、API、ハードウェア開発キット、ソフトウェア開発キット、ドキュメントなど、自社製品を迅速かつ簡単にAlexaに対応させることを可能にするリソースを開発者に提供。アンカー・ジャパン株式会社、HTC Corporation、オンキヨー株式会社、ハーマンインターナショナル株式会社ほかの企業はすでに、日本市場向けにAVSを使用したAlexa対応製品の発売を計画している。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る