DMMがHPの最新3Dプリンタの採用を発表

DMM.makeがHPの3Dプリントシステム「HP Jet Fusion 3D Printing Solution」の採用を発表

3Dプリンティングサービスとモノづくりプラットフォームを展開するDMM.makeは、新たな3D出力ソリューションとして、HP(ヒューレット・パッカード)の3Dプリントシステム「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」を採用することを発表。10月中の稼働開始を予定している。

印刷業界の巨人HP(ヒューレット・パッカード社)がリリースした同社初の3Dプリンティングシステム「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」は、高速&低価格化を目標に、自社開発のHP Multi Jet Fusion technology(液状素材を噴射し焼結する技術)を採用した次世代の3Dプリンティングソリューションとなる。
関連記事はこちら

「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」は、設計から試作、製造までのものづくりの工程に変革を起こす革新的な技術により、既存の3Dプリンティングと比較し、最大10倍のスピードと半分のコストで高品質なパーツ生産を可能にする次世代の3Dプリントソリューションを提供。

DMM.makeはこの3Dプリントソリューションをベースに、プロトタイプだけでなく、小ロットの最終製品製造にも対応する予定である。

日本HPは、現在(10月4日~6日)インテックス大阪で開催されている「第20回 関西設計・製造ソリューション展」に出展。同社ブースにて「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」で造形したサンプルパーツなどを展示している。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る