3Dプリント製ロケットエンジンが実用化に向けた試験に成功

3Dプリント部品から構成された低コストのロケットエンジンが実用化に向けた試験に成功

米国・カリフォルニア州に拠点を置く米国のミサイル・ロケット推進機製造会社Aerojet Rocketdyne(エアロジェット・ロケットダイン)は、3Dプリント技術を使用し製造されたケロシン/液体酸素を推進剤とするロケットエンジンAR1のテストにおいて、幾つかの重要なマイルストーンを達成した。

わずか7ヶ月で設計、製造、テストされた同社のロケットエンジンは、3Dプリンティング技術を利用することで生産プロセスを効率化。従来の製造方法と比べ、大幅な製造期間の短縮と低コスト化を実現している。

従来の製造方法では、30,000lbfのスラストクラスエンジンの開発に100以上の部品を必要としていたが、3Dプリント技術を用いたロケットエンジンでは、全体の構造を簡素化することが可能で、今回テストされた液体燃料ロケットエンジンは、インジェクタアセンブリ、燃焼チャンバ、スロートとノズルセクションのわずか3つのセグメントで構成。それぞれの部品は、最終的なロケット構造を構成するために溶接される。

同社は現在、米国の大部分のロケットに使用されているロシア製「RD-180」ロケットエンジンに代わる推進機として、AR-1エンジンの開発を進めているが、同分野ではAmazon.comの創設者であるジェフ・ベゾスが設立した航空宇宙メーカー「Blue Origin」が開発するBE-4エンジンも参入しており、3Dプリント部品から構成された低コストのロケットエンジン開発は、今後も競争が激しくなると予測される。


Blue Originが開発する3Dプリント部品使用のロケットエンジン「BE-4」


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る