3Dプリンタで米国起業家等を神話上の人物として再現

米国人アーティストが3Dプリント技術で起業家等著名人を神話のキャラクターとして再現

ニューヨークを拠点とするアーティストでデザイナーのSebastian Errazurizは、3Dプリンタを利用して、シリコンバレーで成功した起業家や各国首脳などの像を作成し、ニューヨークの展覧会で発表した。


all images:Sebastian Errazuriz

Errazurizは、アップルの共同設立者の一人スティーブ・ジョブズ(Steve JobsAmazon)、Amazonの創設者ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)、Facebook創設者マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)、スペースXおよびテスラCEOイーロン・リーヴ・マスク(Elon Reeve Musk)や、NSA およびCIAの元局員エドワード・スノーデン(Edward Snowden)まど、著名な起業家や各国首脳など様々な分野で影響を与えた人物を、それぞれ異なるテーマで3D化した10作品を発表。

Errazurizを中心とした制作チームは、各著名人の画像数百点を収集し、収集した2D画像から数ヶ月を要し、各人物を3Dモデル化。3D化された著名人を3Dスキャン技術から生成された古典的な彫像データを使用した3Dプリント像を制作した。

完成した作品は5月にニューヨークのエリザベス集団で展示されます。2019年4月30日から5月24日までマンハッタンの10 West 56th Streetにある「The Elizabeth Collective」で展示される。


関連記事​

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る