電子基板3Dプリンティングのオンラインサービス開始

Nano Dimensionは3Dプリント回路基板(PCB)に特化したオンデマンドサービスを開始

イスラエルの3Dプリントエレクトロニクス企業「Nano Dimension(ナノ・ディメンション)」は、3Dプリントエレクトロニクスに特化した世界初となる新しいオンデマンドサービスを開始した。

Nano Dimensionが新設した「3D Printed Electronics Service Bureau」は、同社のエレクトロニクス3Dプリント技術を活用し、オンデマンドでプリント回路基板(PCB)のプロトタイプや小ロット生産を可能にするサービスとなる。

サービスの利用を希望する企業または個人は、デザインをオンラインプラットフォームにアップロードすると3Dプリント向けに最適化され、自動的に見積が完了。その後プリントを希望する顧客は、価格確認後に注文を確定させ、プロトタイプやプリント回路基板(PCB)、その他の導電性および電子接続されたコンポーネントをオーダーする。

本サービスは、同社の最新3Dプリンタ「DragonFly 2020 Pro 3D Printe」を使用し、PCB、センサー、アンテナ、Molded Interconnect Device(MID)など、導電性材料と誘電性材料の両方を使用した幅広い製品をオンデマンド3Dプリントする。

世界初となるオンデマンド・エレクトロニクス・プロトタイプと小ロット短期生産向けのデジタル製造サービスを投入することで、顧客が必要とする製品開発プロセスを短縮することを可能にしている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

       

ページ上部へ戻る