PCB3Dプリンタ「DragonFly 2020 Pro」発表

迅速で革新的な電子回路デザインを実現するワンステップソリューション「DragonFly 2020 Pro 3D Printer」

イスラエルに本拠を置くNano Dimensionは、現行の多層プリント回路基板用3Dプリンタ「DragonFly 2020」シリーズに、工業グレードの新型モデル『DragonFly 2020 Pro 3D Printer』をラインアップすることを発表した。

DragonFly 2020 Proは、高精度なインクジェットデポジションシステムにより、高解像プリントを実現。メンテナンス性と拡張性を向上させ、プリント回路基板(PCB)開発における様々なボトルネックを解消し、迅速でコスト効率の良いエレクトロニクス開発を可能にする。

エンジニアはDragonFly 2020 Proを利用することで、概念検証、設計検証、テストフィクスチャのため独自のプロフェッショナルな多層プリント回路基板のプロトタイピング、実験用電子回路などを素早く製作し、クリエイティブなボードデザインを実現。

DragonFly 2020 Pro 3D Printerの詳細については未だ不明な部分があるが、Nano Dimensionチームは、今後開催されるTCTショーや、formnextなどの国際的な3Dプリントイベントで詳細を発表する予定である。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

       

ページ上部へ戻る