大物造形可能なセラミック3Dプリンタ

約10kgの粘土材料を押し出せる大型セラミック3Dプリンタ『3D PotterBot V4.5』

3D-PotterBot-V4-5-3

セラミック3Dプリンター専門メーカーDeltabots社(米国フロリダ州)は、同社の最新セラミック3Dプリンタ『3D PotterBot V4.5』をリリース

『3D PotterBot V4.5』は、大容量5500mlのエクストルーダー(10kg弱の粘土材料が入るシリンジ)と、静音性に優れたDCサーボモータ、ARM®Cortex®-M3プロセッサを採用した高パフォーマンスの最新モデルで、本体価格は$7,800。

3D-PotterBot-V4-5-1

3D PotterBotは、X&Y軸移動するスライド式ベッドテーブルと、Z軸固定のエクストルーダーによる独自のプリント方式を採用。また、ノズル径には数種類のサイズが用意されており、デザインや用途に応じた使い分けができる仕様になっている。

3D-PotterBot-V4-5-5
タッチスクリーンコントロールセンターで、スタンドアロン動作可能

3D-PotterBot-V4-5-4数種類のポンプに対応

3D PotterBot V4.5スペック

  • 最大ボリューム:660 X 457 X 558mm
  • プリンタサイズ:1448 X 787 X 940mm
  • 押出機とプリンターの高さ:2388mm
  • 本体重量:6.8kg
  • 押出機:5500ml、3.75インチ径のポリcarbonat /炭素繊維強化チューブ、アルマイトノズル
  • 押出機駆動モータ:統合されたドライバとDCサーボ
  • 電源:75V、24V、入力110/220v、60/50hz
  • 平均プリンタ速度:55mm/s
  • ノズル径:5、6.4、8.3、10
  • 本体価格:$7,800

関連記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る